最新から全表示

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年07月15日(月)

    お子様の大学進学の為の学資積立をお考えなら、『アメリカの積立型保険』がお勧め!

    お子様が大きくなって大学進学を決めた時に、
    どのくらいの教育資金が必要かご存知ですか?

    まず、日本の大学に行くか、アメリカの大学に行くか、
    州内か州外の大学かによって学費も大きく変わってきます。

    日本の大学4年間の授業料が約243万円(2017年度)で、アメリカ州内の大学はその約2~2.5倍。
    州外であれば5~7倍の授業料になります。
    授業料は国の財政状況の悪化によっても変わり、10年前から約2倍も値上がりしている大学もあります。
    もちろん、授業料以外にもかかる費用があるので、早めの準備が必要になります。

    お子様はまだ小さいけど、将来の大学進学の為に今から少しづつ効率的に貯めていこうと
    お考えの親御様にアメリカで始める学資積立のご紹介です。


    =======================
    ■アメリカの積立型保険■
    =======================
    『保証』『貯蓄』の両方を兼ね揃えており、
    保険なので死亡保険もついてきます。

    【アメリカの積立保険のメリット】
    ★保険料が安い
     ~日本の保険(同じ保証内容)と比較すると、保険料は日本の約半分!~
    ★積立利率が高い
     ~日本の保険、日米の銀行の定期預金の利率と比較しても非常に高い積立利率~
    ★帰国後も継続可能
     ~ご加入は在米中のみですが、日本へ帰国後でもご契約は継続でき、保険金などの受け取りも可能!~

    (例)≪日米学資積立プランの比較≫
    ①日本の学資保険 (加入者/お子様…35歳/0歳) 
    ≪※2017年4月の利率改定後の大手外資系A社の学資保険≫
    ■保険料:約4.6万円/月(約4.6万円x12ヶ月x10年間)
    ・積立総額:約551万円(45歳/10歳)⇒約540万円(4年間総受取(53歳/18歳)
    ----------------------------------------
     金利;-11万円(98.0%)元本割れ!

    ②アメリカ学費積立 (加入者/お子様…35歳/0歳) 
    ≪※死亡保証付き≫
    ■保険料:$300/月($300x12ヶ月x10年間)
    ・積立総額 $36,000 (45歳/10歳)⇒約$50,500(一括受取)(53歳/18歳)
    ---------------------------------------
     金利:約$14,500(約140%)

    プランは、ご加入者の年齢、健康状態、喫煙の有無、月々のご予算、目標積立期間などにより異なりますが、
    お客様の効率的な積立の為に、ご希望に沿った保険会社のプランをご紹介いたします。

    ≪アメリカの積立保険についてのご質問などがございましたら、お気軽にご相談下さい≫
    お問い合わせはお近くの店舗へお電話、「メッセージを送る」、WEBからどうぞ。
    ※店舗のない州のお客さまも、メール・お電話でご相談を承っております。

    店舗リスト↓
    https://insurance110usa.com/shopinfo.html

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年07月15日(月)

    ご帰国前に、貯めた米ドルで貯蓄を増やそう!

    ご存知ですか?貯蓄を増やす『アメリカの保険』。いつかご帰国予定の方は、在米中の今が効率的な貯蓄を始められるチャンスです。
    ここアメリカでは『保険』がその高い利率から、日本の保険のイメージとは異なり、金融商品の一つとして認知されています。お子様の学資や、将来に向けて貯蓄を増やす、また老後の個人年金などいろいろな目的でご利用頂けます。
    日本に帰国後「帰国・転勤前に聞きたかった・・・」と後悔される方が多々いらっしゃいます。


    <例:寝かせるだけで増えるアメリカの保険>

    ❏$30,000を30年寝かせた場合→受取額$80,488
     →約$50,000も増える!
    ❏$40,000を20年寝かせた場合→受取額$77,207
     →約$37,000も増える!
    ❏$50,000を10年寝かせた場合→受取額$69,465
    →約$20,000も増える!


    <終身年金としても受取れる>
    受取時が60歳以上の場合は、分割受取を選ぶことができ、終身年金として一生涯受け取ることも可能です。
    年々上がる平均寿命に反して、不安になっていく公的年金、個人での老後資金の準備が必ず必要になってくる時代です。


    <この様な方にオススメです>
    ・在米中に貯めたドルをご帰国前にどうしようか迷われている方
    ・お子様の学資の積立をお考えの方
    ・ご自身の老後の個人年金をお考えの方
    ・日本へ帰国後、貯蓄型保険をお考えの方(日本の貯蓄型保険は今消滅の危機です)

    ご帰国が既にお決まりの方は、お早めにご相談下さい。


    <弊社insurance110について>
    弊社『insurance 110』は全米に9拠点の来店型店舗を持つ保険代理店です。日本の保険にも熟知したスタッフが、アメリカに数多くある大手保険会社(40社以上の取扱保険会社)の中から、皆様のご要望にそった保険を日本語でご紹介させて頂いています。2012年サービス開始以降、ご相談件数は20,000件を超えました。できるだけ多くの在米中の皆様に『アメリカの保険』の魅力を知って頂きたいという理念を元に、店舗の無い州にお住まいの方へも、メール・お電話・Skypeなどでご相談を承っております。お気軽にご相談下さい。
    ・各拠点詳細はこちら→https://insurance110usa.com/shopinfo.html
    ★メール・お電話すべて日本語でご対応!

    <詳しくはウェブサイトへ>
    https://insurance110usa.com/kikokumae.html

  • 1/1
  • 1